さいごの日は

 今年のGWの最後の日、また留守番の日々が始まる前に、
レオをどこかに連れて行ってあげたいな~、と思いました。

 へ行きました。

 近所の、それほどきれいでもない海ですけれど、

 レオはお外に出るのがいつも嬉しそうでした♪

    (レオ:♪、♪、♪) 
e0028446_21221218.jpg


 階段はいつも大急ぎで下りて、

   (レオ:ねえ、早く早く!) 
e0028446_212250100.jpg


 海だね~
 
e0028446_21233072.jpg


 そうだ。海だ。
 
e0028446_21361818.jpg


 まだ五月初旬なのに、暑いな。
 レオは喉が渇くだろうね。
 
e0028446_2124318.jpg


 レオはそうやって日陰に入れていいな~。
 
e0028446_2125490.jpg


 海を見てるとなんだか気持ちが和らぐよ。レオもそうだったのかな?
 
e0028446_21255076.jpg


 この後、リードを放してあげたら、潮干狩りに来ていたおじさんのところに走っていってたね。
 レオ、おじさん好きだからね~。

 でも、そのおじさん、犬好きじゃなかったのか、軽くあしらわれたみたいで、
レオ、大急ぎで私のところに走ってきたんだよね。

     (レオ:ぷっ。)
e0028446_21323821.jpg

 いえ、そこはわたしが笑うところです。

 それにしても、レオの金髪みたいな毛色は、晴れた海辺ではきらきら光って、きれいだった。


 
 1年と3ヶ月。短いようだったけど、いろいろあったな~。

 今思えば、私がレオに頼っていた。
 留守番が長すぎて、本当に辛い思いをさせていたね。
 
e0028446_21235587.jpg


 それでもレオはいっつも私が帰ってくるのを待ち構えてた。

 レオはどんな人にも優しかったけれど、やっぱり私には特別な感情をもってくれていたみたい。

 相方が一人で帰ってきたときは、寝たまま横目でみるだけなのに、
 私が帰ると、じーっと顔を見つめて起き出して、私が部屋着に着替えるまで伸び上がって
 待っていたりして。

 父が一人で散歩に連れ出しても、私が行かないと、地面にへばりついちゃって歩かなかったり、

 私がベトナム旅行から帰ってきて、6日ぶりに会った時は、私の顔をじっと見て、突然震えだしたり(感極まったから、であってほしい)。

 そんな愛しいレオが亡くなって、早1週間。
 皆既日食を電車の中から見たのは、遠い昔のような気がする。

 こうやって、月日が流れていくのですね。

 悲しみも苦しみも、月日とともに過ぎ去っていくのかな。

  
 レオ仏:りょう。

      本当にいろんなことがあったね。
     
      去年の2月、ダンボール箱に入れられてゆらゆら揺られたと思ったら、
     着いたところは全然知らない場所だった。
  
e0028446_21584662.jpg

      
      すると、熊が現れたので、ボクは勇敢にも飛びかかったんだ。
      (りょう:いや、あれはぬいぐるみのクマちゃんだった。)

      あるときは、黒い服を着た人相の悪い男がやってきた。
      ボクは、「バウ!」と果敢に吠えた。
      (りょう:人相の悪い・・・て、相方が怒るよ~。「バウ!」っていうより、
         「びゃう!」って感じだったけどね。)
     
      台所に魔物が現れたり、
      
e0028446_22195764.jpg

      (りょう:いや、あれは私だった。キッチンに入ろうとするレオを厳しく躾けたからね)
 
      ジャングルに美味しい植物が実っていたり、
      
e0028446_2223188.jpg

      (りょう:いただいた観葉植物をものの見事に食べてくれたよね~(泣))


      大きくなったら、旅行に連れて行ってもらったり、
      
e0028446_22173939.jpg

  
      ドッグランやドッグカフェで、いろんな仲間に遊んでもらったり・・・。
      
e0028446_2151432.jpg

      
e0028446_2150079.jpg
      
      
e0028446_21475435.jpg


      本当にいろんなことがあって、毎日が大冒険だった。

      あぁ、楽しかったな~!!



      ・・・・だけど、それも終わっちゃったよ。

      ボクもそろそろ行かないと。


      悲しいけれど、いろいろありがと。
 

      ボクと遊んでくれたり、ブログで良くしてくれたみんなにもありがと。


      遠いメリカからも、ありがと。 


      りょう、

      あんまり寂しがらないで。 

      犬は陽気なものなんだよ。
  
      一緒にいる仲間を陽気にするのが、ボクらの使命なんだよ。

      ボクはちょっと陽気すぎて、最後は失敗しちゃったけれど・・・。
      
      でも、
     
      りょうだって、ボクと一緒にすごした日々は、きっと楽しかっただろ。

      りょうが楽しそうだと、ボクも楽しくなった。



      ボクは生きた。     


 
e0028446_21365298.jpg

 
      レオ仏:じゃあ、もう行くよ。     
e0028446_2219519.jpg


        レオ、おいてかないでよ。
        Lessonだって、まだ足りないよ・・・。





        ああ、逝っちゃった。







e0028446_22204566.jpg

 
 

  






 レオが亡くなったあの晩、小さな棺おけと一緒に、私は眠れませんでした。

  何時だったのだろう?

  うとうとしていたら、ベッドの周りをぐるぐる回る足音と振動を感じました。

  まるでレオが走り回っているみたいに!

  あれ、レオ?と思ったら、横にうっすらモノクロの顔が見えたようで、それはベッドに上がらず、
ぽーんと飛んで、私の胸の辺りにすっと消えました。

  不思議な感覚でした。

  あまりのショックに、そういう幻覚が出ちゃったのでしょう。

  それでも、その後、胸がふわ~っと温かくなりました

  レオは死んでも私の心の中にいる、という意味なんでしょうか。

  私の夢は、レオと海外旅行をすることでした。

  今まではできなかったけれど、これからはできるかな。
  レオの写真をスーツケースに忍ばせて行こう。

  実物はもちろん、もういない。
  でも、少なくとも、私の愛情にぴったり寄り添ってくれた生命があったこと。
  そういう思いを心に抱きながら過ごすのと、それがないのとでは、随分、
 人生の過ごし方が変わるものですね。
  
  動物を飼っていない人から見れば、滑稽でしょう。
  犬ごときに入れ込んで、犬ごときの死で大騒ぎして・・・と。
  
  私はずっと以前、誰をも信じることができなくなっことがありました。
  でも、レオは、信じることを教えてくれました。


 今回のことがあって、自分が撮ったレオの写真を見直してみると、
 カメラの向こうの私を一生懸命、見つめてくれていたレオがたくさんいました。

 そして、レオを通じて知り合った方々からは、数々の心優しいコメントをいただきました。

 相方や両親など、身近な人たちの心遣いも。

 皆さん、本当にありがとうございました。
 たくさんの温かい気持ち、レオの思い出とともに私の大事な宝です。

 もっと書きたいことはあったけれど、これは「レオ・ブック」。
 
 レオがいなくなったのと同時に、終わりにしようと思います。

 今まで、間抜けなレオと飼い主りょうのブログにお付き合いくださって、
本当にありがとうございました。 
 
e0028446_232233.jpg


 そしてありがとう、レオ。

 さよなら、ダイダロス・オブ・オリアンソー。
[PR]
by rakuda007 | 2012-05-30 21:00 | りょうのひとりごと


トイプードル(♂)の成長記 by りょう


by rakuda007

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

フォロー中のブログ

◆Cinq*Etoiles◆
キュンメルロッケンでロケンロー
Jの学習
トイプードルレオの成長記録
アレク日記
トイプードル サリーのお...

外部リンク

メモ帳

 愛犬がどこのワンコと親戚なのかがわかる面白いサイトです。
 意外なところでつながっているかも・・・。
 「Relative Navigator
http://park7.wakwak.com/~wanchan/relative/

カテゴリ

全体
いぬあそび
いぬしつけ
いぬ困り
いぬ病院
いぬめし
いぬびっくり
いぬふしぎ
いぬびゅーてー
いぬたび
いぬ恋
いぬ
りょうのひとりごと
profile
未分類

ライフログ

犬の科学

犬と話をつけるには (文春新書)


ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)


動物ウソ?ホントの話 (新潮文庫)


犬の気持ちがわかればしつけはカンタン! (実用BEST BOOKS)


犬の科学―ほんとうの性格・行動・歴史を知る


プードルスタイル Vol.6 (タツミムック)


犬のキモチがわかる本 暮らしのコツ編 (学研ムック趣味・情報シリーズ)

以前の記事

2014年 03月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2008年 11月
2008年 08月
2005年 08月
2005年 07月

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧